野辺の送り

お腹の中で子どもさんを亡くされた

お母さんと話す機会があったのですが、

当初目が覚めると「これはウソではないか、

何かの間違いでないか」

と何度となくお腹を触られたそうです。

現在ではいろんな人の励ましを通して

少しずつ現実を受容しておられるのですが、

先日お会いした時「ここから(子どもさんを亡くした事実から)しか

始まらないのですね・・・」と漏らされたことが、

とても深い言葉として心に響いてきました。

人は厳しい現実に出会うと、

すぐには受け止めることができません。

人によっては現実に背を向けてしまう人もあるでしょう。

しかし本当の第一歩はこのお母さんのように

〈現実に立つ〉ことからしか始まらないのではないでしょうか

ー野辺の送りー花水木
能邨勇樹