野辺の送り

 

一般的に煩悩というと、

「悪い心」「邪な心」というイメージを持ちますが、


実は「善い心」も「正しい心(正義)」も

また煩悩の一種になります。

どちらかといえば「悪」や「邪」は

誰もがわかるので迷いませんが、

「善」や「正」は人間の執着がある分だけ、

かえって迷いやすく間違いやすいのです。


親鸞という人は「小慈小悲もなき」と「小」の字を用いたり、


また「雑毒雑修の善」と「雑・毒」の字をもって


人間の本質を指摘していますが、


今、「善」とか「正(正義)」が横行している中で、


改めて考えてみる時ではないでしょうか。

ー野辺の送りー花水木
能邨勇樹